ワイン初心者のためのワインがわかるナビゲートサイト

ワイン初心者の扉

未分類

本当は教えたくない、初心者にもおすすめしたい「ネットの」ワインショップ

投稿日:

おすすめのワインショップって何だろう??

我々消費者にとって「優良なワインショップ」というのは、語る人たちによって定義が異なるものです。
こだわりのソムリエが常駐している、であったり、ワインの保管する環境であったり、おすすめしたいワインショップというものは置くべきポイントがさまざまです。

 

でも、ワインショップってたくさんあって、どのお店を選べば良いのかわかりませんよね。

 

そもそもワインの中級者はなぜ数あるワインショップから善し悪しをかぎ分けることが出来るのでしょう。
ワインをある程度たしなみ、お気に入りやリピート銘柄が出来てくると、ネット上の検索でも「ワイン名」でダイレクトに検索をすることが出来てきます。そこから徐々にワインショップも自分の条件に合ったものを絞ることが出来るようになってきます。

 

みなさんも、ワインに限らずお目当てのブランドがあれば、販売しているお店を比較検討して善し悪しがわかりますね。
でも、なんとなく「良い腕時計」であったり「かわいいピンクの服」など漠然としたお目当てだと、比較検討が出来ません。
自ずと「評判のお店で見てみよう」という思考になってくるはずです。

そう、ワインの初心者の皆さんは、そもそもワインの指定銘柄が多くありません。
すなわち、まずは『ワインショップありき』で物事を考えざるを得なくなってきます。

しかし、たまたまみつけたワインショップで、なんとなく買ったワインが自分の好みに合わなかった場合も、ショップのチョイスが合わなかったのか、ワインが合わなかったのかの判断もすることが出来ませんね。

おすすめのワインショップ、というとざっくりしていますが、ワインを調べる上でおすすめのショップがあまり語られていないのはもったいないものです。
そこで、ここでは特にワイン初心者の皆さんがすぐにでも抑えるべき、筆者が本当におすすめしたいネット上のワインショップをご紹介いたします。

 

おすすめのネット上のワインショップ「ワインブティックヴァンヴァン」

シニアソムリエによる「独自評点」制度を導入。可視化された点数で判断できる!

 

ワイン初心者にとって問題点の一つはワインが選びづらいこと。
それは長々しいうんちくばかりで、何がどうすごいのか??ワインはわかりづらいということです。

まず筆者がなぜワインショップとは別に「ネットのワインショップ」の記事を書こうかと考えたか。それはワインショップで見ていても、銘柄がおおすぎてわからないから。

多くの人がワインショップにおもむき、ズラッと棚に並んだワインを眺めながら
「じゃあ結局どれがいいの!?」と感じてしまった・・・ということは少なくないはずです。

楽天市場内で展開するワインショップ「ワインブティックヴァンヴァン」の強いところは
楽天市場というショップ媒体を用いながらも、店主のシニアソムリエ自ら「独自評点」を設けていると言うことです。

つまり、扱うワインは自身がチェックし、自分で評点をつけ、それをお客さんに売っているというたいへん優良なワインショップです。

店主のシニアソムリエの麦島ソムリエがつける「麦ちゃん評価」は合計で5点満点の評点。
小数点第二位まで表現しており、0.05点刻みを最小としています。

「4.35」など、評点をほぼすべてのワインで可視化。
ワインショップでワインをチョイスする上で、点数をつけるというのはリスクが伴います。
なぜならば、点数の低いワインが売れなくなる可能性があるから、です。

それを避けることなく、最終的に「購入ユーザーが点数で判断できるシステム」を維持しているというのは、非常に頼もしいお店です。

ワイン1本1本をひもとくと、海外誌の評点を掲載しているお店はたくさんあります。
たとえば「パーカー90点!」などの標語です。
それも掲載している or していないの基準はバラバラ。
ワインブティックヴァンヴァンのように、ほぼすべてワインに店主ソムリエが評点をつけているというのは、なかなか見つけることが出来ないでしょう。

筆者の体感としては、評点の基準として4.0点以上の評価のものはグッと本格さが増し、ワイン初心者の方からワイン中・上級者の方までを幅広くカバーできるものになっています。

当然一個人が行う評点ではありますから、好み問題という議論はありますが、まずワイン初心者が必ず目を通すべきショップの一つと言えるでしょう。

ワインショップ「ワインブティックヴァンヴァン」は発送が早い

ワインショップ「ワインブティックヴァンヴァン」のうれしいところは、楽天内の管轄のワインショップの中でも比較的発送が早いことでしょう。
発送元が長野県という首都圏外のワインショップ、という面があるため、たとえば悪天候や天災などが発生したときは交通網の影響を受けやすいショップです。それでもいくつかの日程で当日お昼過ぎまで当日発送を受け付けているというのは非常に頼もしいところと言えるでしょう。

 

筆者がおすすめしたい!ワインブティックヴァンヴァンで売っているワインはこれだ!

ここでは「それでもワインが選べない!」というワイン初心者のみなさんに、ワインショップ「ワインブティックヴァンヴァン」で売っているおすすめのワインをご紹介します。
もちろん、店主ソムリエの得点で4.0点以上を獲得したワインをご紹介しますので、実質2重のフィルターがかかっていると言えるでしょう。

白ワイン:J.ロアー リバーストーンシャルドネ

ワイン初心者に本当におすすめしたい、キャッチーなシャルドネ品種の白ワイン

白ワインにおける世界品種のシャルドネを使用した樽熟成のワイン。
カリフォルニアのJ.ロアーという大手社が作っているワインです。

このワインをおすすめしたい理由は、このワインの親しみやすい香り立ちと味わいによるでしょう。
一般的に、カリフォルニア(アメリカ)のワインは、おおらかで、キャッチーな豊かな果実みを覚えるものが多くあります。

まさにこのJ.ロアーシャルドネは親しみやすいキャッチーな味わいで、多くのワイン初心者が「入りやすい」良さが感じられます。
ワインそのものとしては辛口の部類に入りますが、ピーチやバニラを思わせる香り立ちがあります。
ほのかに甘さを感じるテイストに仕上がっており、抵抗なく楽しむことが出来るでしょう。

ワインショップのワインブティックヴァンヴァンさんの定番扱いの銘柄。筆者としてはもっと広がってほしいと感じるワインの一つです。

 

おすすめのネット上のワインショップ「リカーショップアフリカー」


南アフリカワイン通販のアフリカー

専門性に特化??超マニアックなアフリカワイン専門店

南アフリカのワインが非常に注目されていることはご存じでしょうか。
特に高コスパで本格的な味わいが楽しめる産地として急速にそのポジションを高めつつあります。

アフリカのワインって・・・ワイン初心者がそんなにマニアックなところから攻めてもいいの??とお考えになった方も多いでしょう。
やはりワインの本場と言えば、フランスというイメージが強いのがワインを楽しみたい人たちの大半の要望でしょう。

しかし、筆者としてはせっかく飲むならば「一発で話題に出来る」というマニアックな路線から攻めた方が面白いのでは??と考えています。
昨今、インスタやSNS含め、フランスのワインを飲みました~!と投稿するのも面白いですが、せっかくなら「珍しいワインを飲んだ!」と言ってしまった方が面白くないでしょうか。

ワインの面白さはその多様性です。フランスだけでなく、イタリア、スペイン、オーストラリア、ニュージーランド、アメリカなどの主要産地のほか、南アフリカ、日本、中国などなどあたらしい産地がたくさん出てきています。
そういう点でより、「発見」を求める方にこのお店は特におすすめです。

ワインショップのリカーショップアフリカーが強いのは、そんな南アフリカの専門性をとことん訴求しているという点と、体感的にワインのディスカウントがなされているという両面です。2~3千円台のワインが強く、週末のワインとしてなど、楽しむことが出来るはずです。

 

ワインビギナーの方のアプローチにも意欲的

カプリース【南アフリカスパークリング】【ノンアルコール】 - リカーショップ アフリカー

たとえばこちらの「ノンアルコール」のワイン。ワインというか、ほぼこちらはブドウジュースに近いようなイメージがあります。
でも、ただ甘くなく、どこかほろ苦いテイストにこのノンアルコールワインは仕上がっており、ちょっとしたお祝いなどでも使えるのが魅力です。

そのほか、お酒が苦手な人に向けたコーナー造りなど、いろいろトライしているので一度目を通してみるのが良いでしょう。

基本的には超がつくほどマニアックで、かつ小規模な草の根ショップの一つではあります。発送までに時間がかかったりそもそもの1銘柄ごとの在庫をそう多く持っていないなどの心配な点はあります。

筆者としては「今後評判になる可能性がある!」と密かに思っているのがこのお店。初心者のワインラバーの架け橋として今のうちに抑えておくべきでしょう。

 

筆者がおすすめしたい!リカーショップアフリカーで売っているワインはこれだ!「ロージアンヴィンヤーズ ノーブルレイトハーベスト」

ロージアン ヴィンヤーズ ノーブルレイトハーベスト ヴィオニエ 2016

ワインビギナーも安心!ほのかなさわやかさを感じる甘口デザートワイン

まず、このワインについては375mlという赤ワインなどの750mlのボトルの半分の大きさのボトルです。
これらをハーフボトルなどと表現します。

また、はちみつやシロップを思わせるようなしっかりとした甘口の「デザートワイン」という区分に入ります。
ロージアンヴィンヤーズ ノーブルレイトハーベストは2千円台のデザートワインとして、かつワイン初心者の方でも抵抗なく入れるワインの一つとしておすすめします。

3,000円クラスのデザートワインは上記の記事で別途まとめましたので合わせてご覧ください。

ロージアンヴィンヤーズ ノーブルレイトハーベストの良いところは、和柑橘やオレンジを思わせるような、やわらかいテイストの酸味を感じるところ。特にチョコなどの甘いものと良く合います。
ワインショップ探求をしていく中で「デザートワイン」という単語や「極甘口」というワインの味わいの表現を見つけることも出来るでしょう。

まずデザートワインって何??という方にも、試してほしいお値打ちワイン。インパクトというよりは、優しさやほっこりしたシロップのような甘口ワイン。

ワインショップのアフリカーさんの「同梱すべき1本」としておすすめしたいと思います。

-未分類

Copyright© ワイン初心者の扉 , 2018 All Rights Reserved.