ワイン初心者のためのワインがわかるナビゲートサイト

ワイン初心者の扉

ワインが飲めるお店

ワイン初心者がワインバーに行く「前」に必ず行くべき!ワインが飲めるお店(大阪編)

更新日:

ワイン初心者は「ワインバー」に行くべき??

結論から言えば、いきなりワインバーに行くべきではありません。

 

さて、この記事はワインバーにあこがれをもつ、ワイン初心者の方へ向けての記事です。

 

いきなり結論を書いてしまいましたが、どうなんでしょう。

ワイン初心者はいきなりワインバーに行くべきではない、と表現しましたが、まず、ワインバーというとどうもかしこまった印象を持ちますよね。

 

薄暗い隠れ家的なワインバーで、ソムリエさんが静かにワインをグラスに注ぐ・・・。

そんな光景にワイン初心者はイメージを抱きがちです。

 

でも、やっぱりお値段もそれなりにしますし、ワインの敷居がワイン初心者の方には非常に高いものとして感じてしまいますね。

 

 

そこで、ここでは

ワイン初心者がワインバーに行く「前」に必ず行くべきお店

を大阪編に過去9年住んでいたワインマニアの私が、自ら足を運び見つけたお店をご紹介します。

 

この記事でおすすめなのはこんなワイン初心者の方!

ワイン初心者だが、漠然と「ワインバー」にあこがれを持っている

ワイン初心者だが、正直「ワインバー」は怖いと思っている

ワイン初心者で、「ワインバー」で高額の支払いになるのは少し怖い

 

ワインバーに行く”前”に行くべきお店「コウハク ルクアイーレ店」

フレンチ風おでんとワインが楽しめる!?梅田ルクアの超人気店

まずは敷居の低いお店から攻めてみましょう。
ワイン初心者の方でも安心の大阪・梅田にある「ルクアイーレ」の地下街にある超人気店です。

 

そもそも、ワインってグラス(1杯)から楽しめることをご存知でしょうか。

たとえば、フレンチ・レストランというと…ワインリストを片手に「このくらいの価格の物を」とソムリエに伝えて…ボトルでワインが出てくる…というシーンも想像してしまいますね。

ここでは1杯ずつ楽しめるグラスワインが非常に充実しています。

おおむね500円/杯くらいのリーズナブルな価格から。しかも名物のフレンチおでんと味わいがマッチするというワインがたくさん。

 

ワイン初心者の方はまず、グラスでワインをお料理と共に楽しむ、というシーンを楽しんでみてください。

 

ワインバーに行く”前”に行くべきお店「ラブワイン天満店」

立ち飲みと侮ることなかれ!ワインに妥協なしのワインバーに行く”前”に必ず行くべきお店。

立ち飲み屋のメッカといえるのが大阪の天満。

その中でひときわ目立つ、赤いテント張りのお店が複数の支店を構える「ラブワイン」というお店です。

特徴は週替わりでグラスワインが生産国ごとに変更になること。

つまり、グラスワインのラインナップが変動的ということです。これはワイン初心者の方には何度も足を運びたくなる案件ですね。

 

グラスワインの単価はおおむね600年~高いもので千円台の半ばになります。

千円台のものとなると、実際ボトルで買うとゆうに5千円を超えてくるような高級ワインですから、それらをおおぶりのグラスで飲むことができるというシーンが貴重です。

かなりの人気店で、カウンターもあるはあるのですが、基本的に立ち飲みになることを覚悟した方が良いでしょう。

ただ、ワインの品質には妥協がなく、何かワイン初心者の方にひらめきを与えてくれるようなグラスがあるはずです。

好みがあるようであれば、ぜひ店員さんに聞いてみましょう。おすすめのお店です。

 

 

ワインバーに行く”前”に行くべきお店:みたまり酒店(大阪放出)

ワイン初心者にやさしい!ソムリエ経営の角打ちスタイル!

個人で経営する酒屋さんが、数年前に大改築をしてお店の半分を「ワインの角打ちカウンター」としてリニューアルしました。

店主はれっきとした女性ソムリエが行っているため、この記事の中ではもっとも「ワインバーに近い」タイプのお店といえるでしょう。

 

ここの特徴は何といってもワインの産地を「南アフリカ」に固定しているというところです。

ワイン初心者の方には意外かもしれませんが、近年南アフリカ産のワインは大変注目されており、いまワインマニアの間でもホットな生産地といわれています。

 

お店の外観は完全に地域の酒屋さんなので、ワイン初心者の方はビビるかもしれませんが・・・

 

お店の内観は半分がこんな感じ。明るくてアットホームな店内ですよ。

お料理も店主ソムリエさんが自ら作ってくれます。かなり料理のレベルは高いのですが、そんなにお値段も張りません。

おおよそ一人3~4千円くらいあれば、ワイン数杯と軽食は楽しめるはず。

ご予算に不安があれば、遠慮なくこのくらいのお値段でワイン何杯くらい飲みたい、と伝えてみましょう。

実際のソムリエさんが対応してくれるということで、ワイン初心者の方が思い描く「ワインバー」の最もカジュアルなタイプと言えます。

ぜひともワインバーに行く前に行ってみると納得感があるはずです。

お店の情報 みたまり酒店

みたまり酒店

〒577-0061 大阪府東大阪市森河内西2丁目32

http://www.mitamari.com/

定休日:日曜日

ワイン部(角打ち営業)は16:00~22:00まで

-ワインが飲めるお店

Copyright© ワイン初心者の扉 , 2019 All Rights Reserved.