ワイン初心者のためのワインがわかるナビゲートサイト

ワイン初心者の扉

おすすめ白ワイン ワイン初心者向け記事

ワイン初心者は最初にこれを飲め!厳選おすすめワイン銘柄

更新日:

ワイン初心者におすすめのワイン集めました

ワインに興味はあるけどどこから手をつけていいのか…
という、ワイン初心者の為に
ワイン初心者オススメ銘柄を独自に選びました

難しい事は覚えず、まず飲んでみましょう。ブドウの品種や産地、銘柄など、難しいことを覚える必要はありません。

まず飲んでみて「この銘柄は美味しかったな」「これはイマイチ」と感じることが大事です。

飲みやすい銘柄から、発見のあるおすすめワインまでをこちらのページではナビゲート致します。

このページでは基本的には飲みやすいワインをメインにご紹介します。

そのため、白ワインが多めになっている点をご了承ください。

 

 

まずワイン初心者は「甘口」から攻めてみよう

ワインというと渋いとか、苦いとかいうイメージがありますが、そんなことはありません。

ワイン初心者の方は遠慮なく甘口ワインから始めて、それから辛口ワインにいきましょう。

 

ただ、甘口といっても色々と種類があります。そこでまずは3本おすすめしたいと思います。

これを飲めばいままで「すっきりフルーティーなワインが好き」と言っていた方「甘口でライチみたいな香り」など指定ができるようになってきます。

 

 

甘口ワインの3種として最初の3本は以下です。その後、半甘口、そして辛口に行くのがよいと思います。まずは

「ライチ」の香りがするワインにチャレンジ

「マスカット」の香りがするワインにチャレンジ

超甘口のデザートワインにチャレンジしよう

これを抑えておくと一気に話が膨らむはずです。

 

ライチの香りがするすっきり甘口:ロバートソン ゲヴェルツトラミネール

ロバートソン ゲヴェルツトラミネール

これはライチのようなアロマティックな香りがするワインです。

ロバートソン、がワイナリーの名前です。そして、葡萄の品種はゲヴェルツトラミネール、という難しい名前。ロバートソン社が作る、ゲヴェルツトラミネール種のワイン、です。価格は千円台。

 

『ゲヴェルツトラミネールというブドウ品種はライチの香り

これだけでも覚えましょう。ゲ・ヴェ・ル・ツ・ト・ラ・ミ・ネール。3回声に出さないと覚えられませんね。

 

ワイン初心者の方でも飲みやすい、すっきり系の甘口ワインに仕上がっています。ベタベタと甘くなく、あまり飲み疲れないのもポイントです。

一般的に、通販程度しか販路がありませんが味は筆者のお墨付き。
送料を除けば千円台前半で買えるワインのひとつでありますので、本当はもっと広まってほしいワイン初心者の方に是非一度お試しいただきたいワインです

⇒amazon.co.jpで ロバートソン ゲヴェルツトラミネールを探す

 

 

スーパーに置いてある、マスカットジュース的な味わい:イエローテイル・モスカート


イエローテイル モスカート [甘口] 750ml 

スーパーにたいてい置いてあるすっきり系甘口ワインです。

オーストラリアの爽やかなテイストの甘口ワイン。千円以下で買える上に、少し品ぞろえの良いスーパーでも売っています。

 

これはマスカットジュースのような味わいが特徴のワインです。

ジュースの延長上っぽい系統のワインです。

「モスカート」は「マスカット」の意味です。甘くマスカットジュースのような爽やかな飲み口が特徴です。

「イエローテイル」がブランド名。たくさん種類があるので「MOSCATO(モスカート)」と書かれたものをまちがえないように選びましょう。

⇒amazon.co.jpでイエローテイル モスカートを探す

 

 

 

ペタローソ・ビアンコ(白・発泡)750ml 

ちなみに「カルディ」で買いたいというおしゃれさんは、このワインを探しましょう。

イエローテイルに近い味わい(おなじモスカートというブドウ品種)

スパークリングワイン

可愛いラベル

と3拍子揃っています。女子会にも使える初心者おすすめのワイン銘柄です。

 

カルディの甘口ワインは【これ1本】できまり!女子におすすめのワイン銘柄とは

こちらのカルディの「ペタローソ・ビアンコ」は一度個別に記事にしました。ぜひとも一度お試しいただきたいワインです。

⇒楽天でペタローソ・ビアンコを探す

※amazonにはなかったため、楽天へのリンクとしています 

 

 

シロップみたいな「デザートワイン」をまず飲もう!キアモント フルーフォンティン

キアモント フルーフォンティン

シロップのように甘美に甘い!ワイン初心者も女子も大好物な1本

通常のボトルとは異なり、半分のサイズ(375ml)です。

量目が少ない分「そんなにたくさんは飲めないので、少量で記憶に残るものがいい

という方に強くおすすめしたい甘口ワインです。価格はグッと上がって3千円台。

 

「デザートワイン」という言葉を聞いたことがない人は必ず飲むべき1本。

このワインは、デザートのようにシロップのように甘いワインです。濃縮されたような濃い甘口なので、特にチーズやチョコレート。もしくはフルーツの乗ったケーキとよく合います。

女子会やお酒が苦手な方でも楽しめる、おすすめの1本。ボトルが小さいので仰々しくないのもポイントです。

 

デザートワインという単語を覚えるだけでも貴重な機会になるはず。おすすめの1本です。

⇒amazon.co.jpでキアモント フルーフォンティンを探す

 

⇒ワイン専門店でキアモントフルーフォンティンを探す

※amazonは在庫が不安定なため、上の専門店のリンクがおすすめです

 

 

 

難しいことを最初に覚えるのをやめよう

生産している国や、フルボディやライトボディ・・・

そんなこと覚える必要ありません。

 

 

お気に入りの銘柄を「1つ」なるべく早く見つけるのが脱初心者のポイントです。

 

知識は飲みながら「おいしかった」ものを調べれば自然と身に付きます。

雨が少ない地域で作られるワインは…とか、フランスにはボルドー地区とブルゴーニュ地区があって…とか、エチケット(ラベル)に書いてある情報を読まなくちゃ…とかどうでもよくないですか??

 

少なくとも、この3本を飲めば、すでに皆さんは「ライチ」「マスカット」みたいな香りのワインが語れるようになりました。さらにシロップみたいなデザートワインというものも覚えられました。私はこの銘柄が好き!と言い切った方が周りの方とも話がはずみますね。

 

 

次は「1歩踏み込んだ、辛口銘柄」を飲もう

高いワインや「良い」と評価されるワインは、経験則ですが「安いワインのいい所を全部集めた味」と考えています。
つまり安いワインから入っていくと、高いワインを飲んだ時の感動が大きくなります。

 

いきなり高いワインを買う必要はありません。いきなり1万円級のワインを悪くはないのですが、個人的には3千円前後のワインを攻めるのがよいと思います。

 

というのも、3千円くらいのワインだといざという時にちょっとしたプレゼントにも使えるからです。千円台は家飲みにして、なるべくこのくらいの価格帯を積極的に試したいところですね。

 

 

 

初心者おすすめの白ワイン:ユーフロリア アロマティックブレンド

ユーフロリア アロマティック ブレンド

ワインって楽しい!を伝えてくれる。名前の通り「アロマティック」な華やか系白!

上記の「ロバートソンゲヴェルツトラミネール」は千円台のワインですが、もし予算が3千円程度まで許されるなら、ぜひ飲んでほしいのがこのワイン。

というのも先のロバートソンゲヴェルツトラミネールとは異なり、こちらのユーフロリアはブドウ品種を5種ブレンドして、より複雑でアロマティックな香り立ちに仕上がっているからです。

ライチ、リンゴ、桃のアロマが香ります。特に主張的なのはりんごの香り。

アメリカのワインは嗜好のおおらかさを反映してか
あまり苦くなく、飲みやすいものが多くあります。

 

軽やかな味わいでありますので夏に向けては氷を入れて飲むのも◎

コルク抜きが不要なスクリューキャップ(捻って空くタイプ)のもうれしいところ。
難点は、販売先が限られており、ワインショップに問い合わせるなりの手間が必要。

 

リースリングというブドウ品種を使っていますが、リースリング種はりんごの香りが特徴的です。

これでまた一つ、知識が増えちゃいますね。

 

問題は、栓を開けて少し時間を置いた方がおいしくなるという点です。

辛口かなと感じたら少し時間をおいてみましょう。極端な話、栓を締めなおして1週間くらい冷蔵庫に立てておくと、まろやかになっていきます(お酒なので腐ったりはしません)

このワインはスパイシーな料理、例えばカレーとかにはよく合います。

 

エキゾチックなラベルデザインのため、工夫次第ではかなりフォトジェニックになります(※インスタグラムより引用)

 

⇒amazon.co.jpでユーフロリア アロマティック ブレンドを探す

 

⇒楽天市場でユーフロリア アロマティック ブレンドを探す 

 

※楽天市場の方がお店に直接問い合わせができるため、入手は楽だったりします。取り寄せができるか確認してみるのがよいでしょう。

 

初心者おすすめの白ワイン:ヴィリエラ ジャスミン 2017

ヴィリエラ ジャスミン

 

もう少し、ゆっくりと「すっきり甘口」を楽しみたい人のための強い味方。華やかなブレンド白。

ユーフロリアの値段よりももうワンランク下げたい

ブレンドの華やか白という響きに興味がある

こんな方におすすめなのがヴィリエラ ジャスミンというワイン。ラベルも親しみやすく、ネーミングも「ジャスミン」というのが可愛いですね。

 

葡萄の品種は「リースリング」「モスカート」「ゲヴェルツトラミネール」のブレンドということで、まさかのここに来るまでに登場したブドウ品種のブレンドです。

これも甘めの路線なので親しみやすいはず。販路が限定されているのが唯一の難点。

 

⇒ワイン専門店でヴィリエラ ジャスミンを探す

※上記のデザートワイン「キアモント」と同じお店にリンクを張っておきます。一緒に買って送料を抑えるなどありかもしれません。

 

 

 

脱ワイン初心者!「樽の効いた白ワイン」を飲んでみよう

「白ワインも随分と種類があるなぁ」とお分かりいただけたかと思います。

現状、ここまででは

すっきり甘口の白(ライチとマスカットの香り各1本。ぶどう品種は1種)

すっきり飲みやすい甘口と辛口の中間(ブドウ品種は複数ブレンド)

シロップみたいなデザートワイン

までが理解できました。少し自慢できそうな話題のストックができましたね。

 

 

白ワインはほかにも無限のように種類がありますが、そちらは別の記事で書いていきましょう。

この記事における白ワインの最後樽の香りがするワインを飲んでみましょう。

 

 

簡単に言うと上のようなイメージ。樽で寝かせたワインです。

 

樽のワインは感じ方は人それぞれですが、

木の香りがする

バニラみたいな甘い香りがする

スイートコーンみたいな香りがする

ポン菓子(駄菓子)みたいな匂いがする

ロースト(燻製)したような香りがする※おもに赤ワイン

など、樽で寝かせると香ばしい香りが付加されるのがポイントです。

なお、いままでご紹介したワイン(上記の4本)は木樽ではなくステンレス(金属製)のタンクで作っているため、木樽は使っていません。

 

これも飲んでみないとわからないですね。おすすめは以下の1本です。

 

 

樽で寝かせたワインで「脱ワイン初心者」!J.ロアー リバーストーン シャルドネ

J.ロアー リヴァーストーン シャルドネ

白ワインの代表品種である「シャルドネ」を用いた初心者おすすめの白ワイン。

辛口白ワインですが、おすすめの理由は以下の二つ

樽を効かせている(樽で7~9か月熟成)

ハチミツのような甘い香りがする(けど辛口)

そのため、辛口なのに飲みやすい、樽の効いた白ワインという点で強くおすすめしたい1本。

 

 

このワインを飲むと、これまで白ワインはすっきりフルーティー!と思っていたのが、リッチ感のある白ワインという引き出しが増えます。

ビールが飲める方ならちょっと甘く感じるくらいの樽の香り。しっかりめのお酒が好きな方にはしっくりくるはず。

 

「辛口ワインにそろそろチャレンジしたい!!」という方や、「甘口ワインはちょっと・・・」というオトナな方に。

辛口白ワイン入門編として強くおすすめしたい銘柄です。

⇒amazon.co.jpでJ.ロアー リヴァーストーン シャルドネを探す

 

白ワイン品種「シャルドネ」のおすすめワインとは

こちらのワインは白ワインのおすすめ銘柄としてご紹介させていただきました。上記のページも飲みやすい白ワインをまとめさせていただきましたので合わせてご覧ください。

 

 

最期は攻めたい「薄口の赤ワイン」

 

赤ワインというと渋くて重いという印象を持っている方も多いでしょう

 

アタラクシア・ヘルタースケルター

そんな方にピンポイントでおすすめしたいのが「薄くて華やかな香り」の赤ワインです

 

ワインの名前はアタラクシア・ヘルタースケルター

チェリーやいちごのような香りが感じられる、辛口の薄うま赤ワインです。

葡萄の品種はピノノワールという品種。

いちごやチェリーのような赤系の果実味の香りがすることが特徴の品種。

 

薄くて繊細な香りを楽しめるタイプのワイン。「赤ワインは重くて苦手」という方は是非一度このワインを試してみましょう。

赤ワインに「軽い」「重い」が存在することがわかるだけでも世界観が広がりますよ。

 

⇒ワイン専門店でアタラクシア・ヘルタースケルターを探す

 

 

もっと上のランクのおすすめワインは??

そんなわがままな方のために、もう少し上のクラスの白ワインのおすすめを記事にしました。

一度は飲むべき!予算5千円の「すごい白ワイン」おすすめ銘柄とは

こちらは特に筆者の中でマストバイとしたいワインを掲載しています。一度は飲むべし。

 

「初心者」こそネット通販はうまく活用しよう

ワイン初心者こそ「ネットでワインを買う」をうまく活用しましょう

 

最初くらいは自分の目でお店に行って見てみたいものですが、少しワインショップは敷居が高いイメージがありますね。ワインショップに行く前に「こんな感じのワインが好みだった」というご自身の基準があるとかなり安心ができます。

 

 

◎ワイン初心者の、ワインショップ行ったときあるある

何が良いワインなのか全然わからない

高いワインを薦められるのではと怯える(実際は予算は伝えればそんなことありません)

お店の人の話を聞いても「ふーん」「へー」しか言えない

つまり何を聞いていいのかすらもわからないという状態です。

 

 

また、ワインは星の数ほどあるためこの記事でみた銘柄がお店にあるとは限らないという事態もあります。

お店に行って「あのワイン、どれだっけ…???」と悩んだ経験がある方も多いはず。

 

そのため、「ネットで買う」は妥協しているようで一番効率的です。レビュー数なども参考にできますね。

送料がかかる…という問題はありますが、探す時間、交通費などを鑑みると、結果的にはそちらの方がお得です。

まずはこの辺りから初めていただき、徐々にワインの面白さに慣れて行ってみてください。

 

 

都内で「ワインコイン試飲」ができるお店はここだ!

一方で、ワインショップについては、お金を払うことで少量試飲できるというお店もあります。

お急ぎの方は以下のお店に行かれるとよいでしょう。都心部のおすすめのワインショップは記事にしましたので以下もご参考ください。

 

恵比寿:ワインマーケットパーティー(恵比寿ガーデンプレイス内)

【都内】ワイン初心者が一人で楽しめる「グラスでワインが飲めるワインショップ」のすすめ

上記は恵比寿エリアでグラスでワインが有料試飲できるワインショップのご紹介記事です。

 

 

外苑前:ダイブトゥワイン(外苑前駅すぐ、もしくは表参道エリアから徒歩10分ほど)

青山・表参道エリアのおすすめワインショップはここだ!外苑前「ダイブトゥワイン」に行ってみた

上記は表参道~青山エリアでおすすめのワインショップです。おなじくグラスで有料試飲ができます(ただし立ち飲み式)

 

 

お店でワインを聞くコツは??

初心者必見!ワインショップのワインの聞き方&選び方

ワインショップでのワインの聞き方・探し方は上記の記事をご参考ください。

 

 

あのワインどれだっけ?初心者おすすめワインアプリもご紹介

最後に飲んだワインを記録しておくことも大切なことで、
オススメのスマートフォンアプリを紹介します

●Vinica
https://vinica.me/

ワインのラベルを写真に撮り、テイスティングコメントを残せるというものです。

若干SNS的な仕様ながら、
香りの要素などは一般的に言われる所からボタン式で選択できるなど
ワインを飲みながらメモするのに最適な作りになっています。

こちらはテイスティングノートの代替えとして使い勝手がよくておススメです。是非ともご活用ください。

-おすすめ白ワイン, ワイン初心者向け記事

Copyright© ワイン初心者の扉 , 2019 All Rights Reserved.