ワイン初心者のためのワインがわかるナビゲートサイト

ワイン初心者の扉

甘口ワイン

極上の味わい!甘口ワインの代表「デザートワイン」のおすすめ銘柄

更新日:

甘口ワインを探している全ての人に

ワインって、なんとなく
苦くて渋いものを我慢して飲んでいませんか??

ワインというと赤ワインのイメージが強くあります。
大きなグラスで、渋くて風格のある赤ワインをゆっくりと飲むのが、「大人なワインの飲み方」という気がしてしまいますね。

筆者はこのイメージはよくないものだと思っています

 

ワインを飲んでみたい!!とお考えになるワインビギナーの皆さんには、私はいますぐ甘口ワインから入ってほしいと思っています

せっかくそれなりの値段をワインに支払い、購入しているわけです。わざわざ難しい味わいのものを最初に飲む必要もないと思うんですよね。食べ物に好みがある分、お酒だって好みがあります。ビールだって最初から美味しい!とは思いませんから、ワインも同様、無理して高いワインを「おいしい(気がする)」と思う必要もありません。

 

「甘口ワインが好き!」と言い切れた方が、きっと話も弾む

あわせてお聞きしたいのは、みなさんは、何故ワインに興味を持たれたのでしょうか。

 

ワインに興味にもたれた方の中には「趣味やたしなみの一つとして、ワインも飲めるようになっておきたい」という好奇心から入った方もいるのではないでしょうか

それであれば、なおのこと私は甘口ワインを飲むべき!!とおすすめしたいと思います。
なぜならば、その方が周りとも語れるし、周囲にもワインを薦めやすいからです。

 

たとえば、以下の二人のワインビギナーとお話をしたとして。どちらが話が弾みそうですか?

Aさん:ワインを最近飲み始めたんですが、赤ワインをちょっと飲みました(ホントは美味しくないけど)
Bさん:ワインは最近飲みはじめました!とっても甘いデザートワインが私の口に合いました!!

 

おそらくBさんの方が「へぇ、デザートワイン?どんな?」とか「なんて銘柄が好き?教えて!」とか会話も弾みそうですよね。

赤ワインや白ワインから無理して入る必要はありません。なぜかワインショップはこの甘口ワインやデザートワインというジャンルに不親切です。赤か白か、もしくはどこの国のワインか、ぐらいしかわかりません。

このような状況も、おすすめ銘柄を見つけづらく、軽視されている傾向にあります。
このページで「デザートワイン」をご紹介するのはこのような理由を持っているからです。

特に、デザートワインはチーズなどとの相性が良いとされており使い勝手が良いのです。

 

まるでスイーツ!極甘口と言われる「デザートワイン」とは

デザートワインとは、その名の通り、デザートのような味わいのする非常に強い甘さを持つワインです。

みなさんご存知のスパークリングワインやシャンパンは、乾杯やお料理の前に使われる「食前酒」と呼ばれます。また、赤ワインや白ワインなどは一般的にはお料理と合わせる「食中酒」と呼ばれます。

そして、お食事の後はもちろんデザート。非常に甘さが強いとされるデザートワインは「食後酒」として楽しまれることが多くあります。

食後酒、とされてはいますが、いわゆるチーズやスイーツなどとの相性が良いのも大きな魅力。

つまり、ある程度食事はされている、もしくは済まされているという前提で、軽いおつまみ程度のものであればデザートワインは非常に使い勝手の良いお酒と言えます。

飲み口はトロッとしていて、ハチミツやジャムのような甘美な味わいがします。

クラッカーやチーズに蜂蜜をかけたりすると美味しいですよね!感覚としてはデザートワインはそのようなシーンに向いています。

チーズに合うワイン…といえど、なかなか赤ワインや白ワインではその選択が難しいもの。デザートワインの魅力は、その多くがクセのあるブルーチーズなどとも相性が良いとされています。

 

さて、前段が長くなりましたが、あくまでもここではジュースのようなものではなく「デザートワインとして確実に成立している」という前提から入ります。甘口でありながら本格派であり、それでいて親しみやすさもある甘口のデザートワインをご紹介します。

しばしばデザートワインの特集では、高級な銘柄が多く扱われますが、せいぜい3~5千円が相場としては限界と筆者は考えています。今回は、あくまでも安かろう悪かろうではなく、プレゼント等々でも使える価格帯である「3~5千円台」を中心にデザートワインをご紹介したいと思います。

 

 

 おすすめのデザートワイン:ポールクルーバーノーブルレイトハーベスト

チョコレートやブルーチーズにはこれ!スイーツと合わせるならこの1本

まずおすすめしたいのが、スマートなボトルフォルムが特徴のこのデザートワインです。収穫を遅らせることで果実の熟成感を前に出した「遅摘み」という手法から生み出されるデザートワインです。

蜂蜜のような強く甘い香りが特徴的ですが、味わいはレモンやバニラなどのいくぶん酸味を感じるような綺麗でシャープな味わいの作りになっているのが特徴です。

実際にこのワインを飲んでみますと、いかにスマートでくどさがないデザートワインか、という点が良く分かります。特に味わいの後残りにキレを感じ、さわやかに終わるのが特徴的。

あまりベタベタとしたケバさを感じないのがこのデザートワインの秀逸さです。ブルーチーズのようなクセのある、もしくは塩気を利かせたようなチーズともこのワインはうまくマッチします。

おつまみとワインを合わせてみたい!という人にはまずおすすめしたい1本です。

抜粋元:Decanter World Wine Awards winning wine より画像キャプチャ

またこちらのデザートワインですが、イギリスの世界的なワイン品評会である「Decanter(デカンタ)」で100点満点中95点という極めて高い評価を得ています。

まさに今市場に出ている2014年のヴィンテージがこの評点を獲得した1本そのものです。

参考までに、イギリスはワインの輸入大国であります。ワイン消費国の中でも、ワインのトレンドにアンテナを高く張っているワイン消費大国です。ワインの世界的な評論家も多くいるのがイギリス。日本はソムリエが多くいる国ですが、イギリスはワインのマーケットに目を向けたワイン評論家やジャーナリストが多くいるわけです。より我々ワインの消費者に近い目線と言えますね。

Decanterはイギリスのみならず、ワインの世界的なメディアの一つ。そのDecanterが年に一度開く「デキャンタ・ワールドワイン・アワード」は高い注目を浴びます。

こちらで紹介のデザートワインは、95点という評点に加え、地区最高賞(プラチナ賞)を獲得しており、高い評価を得ているデザートワインです。

ワインは評価がすべてはなく、海外評価誌も数多ありますのでこれが絶対的な指標にはなりませんが、海外評価がそもそも高いワインを探すのも難しい日本のワインショップではこのような指標があるとより分かりやすいと言えるでしょう。是非参考の一つとしてほしい評価の一つです。

 

おすすめのデザートワイン:キアモント・フルーフォンティン

トロピカルフルーツのような甘美な味わいに爽やかなキレ。限定本数の極上デザートワイン。

このワインもおすすめをしたいのですが、困ったことに2015年の市場に出ているヴィンテージが、わずか2,400本程度しか作っていないという問題があります。

当然海外で作られているワインですから、日本へ輸入されている本数自体がごくわずか。つまり、市場にあるうちに手に取らないと飲み損ねてしまう可能性があるのです。

そのような希少性のあるワインを、過度におすすめすることで起きる弊害は「どこにも売っていない」という問題です。上述のポールクルーバーというワイン銘柄も同様ですが、いずれもネット通販であるうちに買うべきワインです。問い合わせが増えればもしかしたら日本への輸入数や販売本数も増えていくかもしれないですね。

さて、このデザートワインの特徴は、上述のデザートワインであるポールクルーバーと比較しても非常にトロピカルフルーツのような印象が強くある点。

ピーチやマンゴーなど、しっかりとした果実のイメージがありありと浮かんでくる点が特徴です。

ともするとデザートワインというとハチミツやシロップの香りや味わいに近しいものを感じる傾向がありますが、このキアモントというワイナリーのデザートワインは、果物のような味わいが特徴。

それゆえ、ワイン単体でも楽しめますし、チョコやバニラアイスなどとも良い印象を持たせてくれることでしょう。

砂糖のようなベタベタとした味残りがないのもポイント。デザートワインは後味のひっかかりが気になると言う方も少なからずいる中で、このデザートワインはわずかに乳酸菌ドリンクやヨーグルトのようなスッキリとした味わいの余韻を残していきます。日本人好みのデザートワインと言えるでしょう。

画像:http://www.keermont.co.za/wines.html よりキャプチャし引用

このワインもポールクルーバー同様、海外評価誌の評価が高いのがポイントです。

繰り返しとなりますが甘口ワイン(デザートワイン)については日本国内でも評価軸がよくわからないのが実情です。結果としてワイン評論が活発な海外の評点をアテにするという流れは一つの有効な手段でもあります。もちろん、このキアモント・フルーフォンティンという甘口ワインも高得点を獲得しています。

・ワインの世界権威誌である「ワインアドヴォケイト」において、94点/100点の高得点(2015年ヴィンテージ)

・イギリスの評論家ティムアトキンMWによる評価95点/100点(2015年ヴィンテージ)

注目すべきは、アメリカの世界一と言われるワイン評論のワインアドヴォケイト誌において94点という高得点をたたき出しているデザートワインだと言う点です。あくまでも甘口ワインやデザートワインでこのような評価が絶対的ではありませんが、先のポールクルーバー同様、「あるうちに」試してみたいワインの一つです。

ワインの面白い所は、原料となる葡萄が農作物に近いものであることから、生産年(ヴィンテージ)が変わるとコロッと世間の評価も変わってしまうことがままあります。高得点の生産年(キアモントでは2015年など)を手に入れておける環境にあるというのは嬉しいですね。

 

話題になったデザートワイン「ザ・アイス・ハウス・ワイナリー ノーザン・アイス ヴィダル アイスワイン」

2016年にドラマ「逃げ恥」にモデルとなるワインが登場!日本で在庫が消えたデザートワイン

このワインはアイスワインという凍てつく寒さの地域で作られるワインです。

外気が氷点下になることが当たり前と言う、カナダのオンタリオ州で作られています。オンタリオ州と言うとナイアガラの滝などもあるまさに名所の一つ。カナダからやってくるデザートワインというと何となくオシャレですね。

2016年に人気を博した星野源さんと、新垣結衣さん主演のドラマ「逃げるは恥だが役に立つ(逃げ恥)」の第七話にこのワインと非常に良く似た「アイスワイン」が登場しました。

ドラマの小道具となるため、ドンピシャのワインではなく、少しラベル等々も手を加えたものになっていましたが、SNSの特定班があっという間に大本のモデルになったであろうこのワインを特定しました。

かつ、ドラマでの使用が甘酸っぱいシーンであったこともあり、このノーザンアイスワインは一気にその人気が爆発。特に甘いデザートワインという位置づけから、おそらく女性を中心に人気が過熱したのでしょう。一気に日本から在庫が無くなるという事態に発展しました。

 

価格は、これまでのものと異なり、ワンランク上で5,000円級に到達します。ただし、ドラマで過去話題になったデザートワイン(アイスワイン)といわれると一度は手にしたくなってしまいますね。

筆者も実際に飲んでみましたが、やはり先の2本のワインよりは極寒の地を生き抜いたワインと言うことも想像されるような「濃縮感」がしっかりとあるワインです。具体的にはトロピカルフルーツ(ピーチやマンゴーなど)のような果実みががっしりとしています。一方で、果実の皮のようなほろ苦さも主張的に感じる作りになっています。これもチーズなど何かおつまみがあると良い印象を受けました。

 

まずチーズと一緒に楽しもう!デザートワインで華やかに

ここではおすすめのデザートワインを3本、ご紹介しました。

特に女子会やパーティーなどでチーズやスイーツと合いやすいとされるデザートワインは非常に使い勝手が良く、抵抗なくワインに入れるマストアイテムの一つです。

是非ともワインの選択肢としてお楽しみになってはいかがでしょうか。

ワインビギナーが白ワインに目覚めるための、おすすめ白ワインとは

デザートワインの甘さでは少し物足りない!という方は次は白ワインにチャレンジしてみてはいかがでしょうか??

上記の記事ではおすすめのビギナー向けの白ワインを掲載しています。合わせてご覧ください。

 

 

 

 

-甘口ワイン

Copyright© ワイン初心者の扉 , 2018 All Rights Reserved.